岩手大学同窓会連合
友よ 希望をもって上を目指そう 上田の森に鳴り渡る 大学の鐘の音を聞こう

同窓会連合について

会長挨拶

岩手大学同窓会連合会長 渡邊 喬

 岩手大学卒業生・修了生の皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、このたび、岩手大学同窓会連合理事会において、桑島博会長の後任として会長に推薦され、平成27年6月1日付きで会長に就任いたしました。

 岩手大学同窓会連合は、会員相互の交流と親睦、そして岩手大学の発展に貢献することを目的とし、岩手大学創立60周年を迎えた平成21年6月1日に設立されました。

 大学卒業後は各学部の同窓会を通じ、同窓会会報、名簿、総会、支部総会等によって、学部の情報を得、学部会員との交流を持ってきました。平成16年、大学は法人化を迎え、大学として、教育、研究等に全学の卒業生の意見も取り入れることが必要と、大学と学部同窓会が話し合い、全学からなる同窓会連合を立ち上げました。同窓会連合の事業により、学長先生および学部長先生は全学の卒業生と直接話し合う機会を持てるようになり、同窓会は学部の垣根を越えての交流、連携を深めることができるようになりました。

 岩手大学は、昭和24年に農学部、工学部、学芸学部(現在の教育学部)の3学部で発足、昭和52年に教養部を改組して人文社会科学部を設置し、現在の4学部構成となりました。昭和40年代に入ると、各学部は大学院を設置し、建物も木材からコンクリート校舎になり、教育研究施設、地域との研究連携施設等も増設し、大学発足当時とは比較にならない程充実した大学に成長しております。

 学部同窓会は、大学創立後、農学部同窓会は母体の盛岡高農同窓会と一つにし「北水会」として設立、工学部同窓会も母体の盛岡工専同窓会を一つにし「一祐会」として設立されました。教育学部同窓会は、昭和28年に学芸学部同窓会を立ち上げ、昭和41年に教育学部同窓会「北桐会」と改称しております。一方、昭和52年に創設された人文社会科学部においては、第1回生が誕生した昭和56年に人文社会科学部同窓会「七友会」を立ち上げております。学部同窓会は、それぞれが活発に活動してきていますが、岩手大学全体としての同窓会活動はありませんでした。

 岩手大学と学部同窓会を会員とする岩手大学同窓会連合は、岩手大学の卒業生・修了生全員を対象に全国各地での「卒業生・修了生と学長との懇談会」の開催や会報の発行により大学及び各学部の情報をお伝えし、会員相互の交流、連携を深め、岩手大学の発展に努めております。会員の皆様には、岩手大学同窓会連合の活動に、より一層のお力添えをいただきますようお願いいたします。

 皆様方のご健勝とご活躍を祈念申し上げて、ご挨拶とさせて頂きます。

同窓会連合トップ
Copyright (C) 2010, Iwate University Federation of Alumni Association, All Rights Reserved.