岩手大学同窓会連合
友よ 希望をもって上を目指そう 上田の森に鳴り渡る 大学の鐘の音を聞こう

同窓会連合について

会長挨拶

  岩手大学同窓会連合会長 小笠原 義 文

 新しい元号「令和」となりました。岩手大学の卒業生・修了生の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。このたび、渡邊喬前会長の後任として会長を仰せつかりました教育学部同窓会「北桐会」の小笠原でございます。

 岩手大学同窓会連合は、4学部同窓会員相互の親睦を深め、岩手大学の発展に寄与するとともに地域社会に貢献することを目的とし、岩手大学創立60周年を迎えた平成21年6月1日に設立されました。事業の一つとして、全国各地で開催している「卒業生・修了生と学長との懇談会」や会報の発行により大学及び各学部の情報をお伝えして、交流・連携に努めております。

 1876年(明治9年)設立の盛岡師範学校を起源として開校後、歴史ある学校を統合・継承して地域に貢献してきた岩手大学は、1949年(昭和24年)新制国立大学として発足しました。農学部、工学部(現在・理工学部)、学芸学部(現在・教育学部)の3学部で発足し、昭和52年には教養部を改組して人文社会科学部が創設されて現在の4学部構成となっています。

 各学部同窓会は新制大学となった後、農学部同窓会は盛岡高等農林学校同窓会と合わせて「北水会」、工学部同窓会も盛岡高等工業学校同窓会と合わせて「一祐会」そして教育学部同窓会は、学芸学部同窓会を教育学部同窓会「北桐会」とそれぞれ改称しています。さらに昭和52年に創立された人文社会科学部は、第1回生が卒業した昭和56年に人文社会科学部同窓会「七友会」を創設して、各学部同窓会はそれぞれ目的に沿って独自に諸事業を遂行しています。

 大学院設置など全学の教育研究施設が整備充実してきている岩手大学は、2004年(平成16年)国立大学法人として新たな歩みを進めて、岩手の“大地”と“ひと”と共にをスローガンに掲げて、今年創立70周年を迎えました。その記念式典並びに記念講演会が、10月19日(土曜日)に開催されます。午前中は記念行事に併せて、同窓会連合と大学との共催事業であ る「卒業生・修了生と学長との懇談会(第12回)」を大学総合教育研究棟(教育系)北桐ホールにて開催します。午後は大学の第一体育館において、記念式典並びに講演会を開催します。講演会では北桐会同窓会員でもある、第158回芥川賞受賞作家若竹千佐子さんが講演予定ですので、会員の皆様も奮ってご参集下さいますようご案内申し上げます。

 会員の皆様には、益々のご活躍をご祈念申し上げますとともに、岩手大学同窓会連合の諸活動に、より一層のご協力ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

同窓会連合トップ
Copyright (C) 2010, Iwate University Federation of Alumni Association, All Rights Reserved.